Return to site

腸内細菌を増やす乳酸菌はどれか?

乳酸菌と言えば、ヨーグルトや乳酸菌飲料等の生菌を思い浮かべますが、生きていなくても健康に役立つ事は乳酸菌の業界では常識になっています。

乳酸菌のFK-23健康アドバイザーの認定も頂きましたので、今回はその死菌体乳酸菌の有効性をジックリ書かせて頂きます。

インフルエンザ予防に免疫を強化する乳酸菌飲料をのテレビCMで良く目にするようになり、腸内細菌の必要性は当たり前になって来ました。

ヨーグルトや乳酸菌飲料は、生の乳酸菌ですので、胃酸のダメージを受けますので、生きたまま腸まで届くことと、毎日撮り続ける事が重要といわれてます。

しかし、乳酸菌は死んだ菌でも他の乳酸菌のエサとなりますので、全く無駄にはなりませんので安心してください。ただし、それは、すでに腸内に善玉の菌群があることが条件です。

腸内により多くの乳酸菌が定着して菌が増えれば免疫が強化され、健康に役立ちます。

生菌と死菌は定着度や定着場所に違いがあり、健康への貢献度も違ってきます。


毎日排泄されるものですから、無駄がなく健康に役立つ物を摂って頂きたいと思います。

生の乳酸菌だけでは足りない

例えば、乳酸菌飲料の400としるされたものの乳酸菌量は400億個です。

人間が腸内で免疫を作るには、毎日1兆個の乳酸菌が必要と言われ、その菌は毎日排泄されてしまいます。

 

ですから、乳酸菌飲料でその量を摂ろうとすると、なん何十本かを飲まなくてはならず、それを毎日続けるのは糖分過多になり、糖尿が心配になりますし、ヨーグルトでその量を摂るのは高カロリー高タンパクになってしまいます。

写真のように、腸内細菌は腸壁の絨毛(栄養の吸収をする器官)の間に常在菌があり、絨毛の表面から離れて可変的細菌の層になっています。

ヨーグルトなどの生菌は、上の層の可変的細菌叢に属して、72時間で排泄されます。

死菌体は、常在菌の層に定着して常在菌を増やします。
同じFK-23の乳酸菌でも過熱処理された死菌体は生菌の3倍の免疫を作る事が確かめられています。

 

★乳酸菌の特性を活かすには、体内の生菌を死菌体が強力にバックアップして、相乗効果を得る事が、乳酸菌の持つ更なる効果につながるのではないかと思います。

乳酸菌による免疫活性は、腸管の免疫のみならず、血中の免疫細胞を目覚めさせて体内免疫の強化します。


FK-23は、免疫のを強化すると共に、免疫のバランスを取りますので、整腸作用は勿論の事、これからシーズンの花粉症やアトピー・喘息、細菌やウイルスの感染予防、ウイルス性肝炎、抗腫瘍・癌による毒性軽減作用や抗がん剤などの白血球の減少を抑制にも期待できます。

乳酸菌FK-23菌とは?

・健康なヒトの腸内に常在する腸球菌エンテロコッカス・フェカリスの研究を進め、エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌を発見しました。
この菌体は、丸い形で約1ミクロン(1ミリの千分の1)の大きさです。

・乳酸菌エンテロコッカスフェカリスFK-23菌 乳酸菌は、ヨーグルト、味噌、チーズなどに利用され、昔から健康維持によいことが知られています。

・エンテロコッカス フェカリスFK-23菌は、健康なヒトの腸内に多く常在する乳酸菌で、約1ミクロン(1ミリの千分の1)の丸い形をした小さな乳酸菌です。生きた菌体より加熱処理した菌体(加熱処理菌体)の方が、健康維持に役立つことが長年の研究の成果によりわかりました。

エンテロコッカス フェカリス FK-23菌について

FK-23菌は乳酸菌に分類されます。腸管内に生息する乳酸菌は腸管内の環境を整えることから、健康維持に良いことが昔から知られていました。

乳酸菌には免疫機能を高めたり、血圧を下げる等、新たな作用があることが明らかになり、各種乳酸菌の中で免疫力を高める力が特に強いFK-23菌が発見されました。

また、乳酸菌が生きていなければ、その効果が得られないと思われていましたが、生菌体よりも加熱殺菌処理することで免疫力が3倍も強まることを明らかになっています。

FK-23菌の様々な作用と取得特許
1.FK-23菌の免疫賦活作用

1.白血球機能を高め、数を増やす
特許3272023号取得

2.腸管の免疫力を亢進させる。
3.ガンの増殖を抑える。
特許3040711号取得

4.抗ガン剤と協力してガンの増殖を抑える。
5.抗ガン剤の副作用を軽減させる。
特許3040699号取得

6.真菌・細菌・ウイルス等感染症に対する抵抗力を強める。
特許2969017号取得

7.C型肝炎患者の肝機能を改善する。
特許2712000号取得

8.皮膚疾患を改善する。

2.FK-23菌の血圧を低下させる作用

高血圧モデルラットの血圧を低下させる。

3.FK-23菌は安全である

変異原性・亜急性毒性試験で異常がみられない

FK-23菌の最大の特徴は免疫活性

免疫系でもっとも重要な免疫臓器が腸管であることが知られています。

全身の免疫細胞の約60%が小腸粘膜のパイエル板に集中していると言われており、FK-23を与えることでパイエル板を活性化させ発達させる事で免疫力を高める事が出来ます。

まとめ

近年「腸管免疫」の分野が急速に発達しています。

この免疫器官を通じ、安全・確実に全身の免疫強化や免疫調整をはかれるのが「フェカリス菌FK-23菌」です。

フェカリス菌を特殊処理により死菌にして、免疫に働きかける活性を高めたものがあり、様々な疾患に有効であることが最大の特長です。

結果として、★乳酸菌の特性を活かすには、体内の生菌を死菌体が強力にバックアップして、相乗効果を得る事が、乳酸菌の持つ更なる効果に繋げて頂きたいと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK